産経WEST

ライバルはきしめん、ひつまぶし!? 堺のご当地料理を探せ、市がPR費補助

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ライバルはきしめん、ひつまぶし!? 堺のご当地料理を探せ、市がPR費補助

 堺市は、堺との関わりが深いご当地料理を発掘するため、料理のPR経費を補助する制度を創設し、事業者の募集を始めた。全国では香川県のさぬきうどん、名古屋のきしめんやひつまぶしなど各地の名物料理が知られているが、堺市内にはこれといったレシピがない。百舌鳥(もず)・古市古墳群の世界文化遺産登録をにらみ、国内外の観光客に市内で食事を楽しんでもらうことで、経済波及効果をねらう。(張英壽)

 市は平成25年度から「堺市シティプロモーション認定事業」として市の魅力発信につながる取り組みに対し、100万円を上限に補助。25年度2件、26年度2件、27年度4件、28年度2件を採択した。ただ、対象は特に料理などにしぼっておらず、イベントや情報誌発行などで、料理関係としてはアナゴ料理を食べられる店を紹介するマップ作製が助成対象となった。

 こうした中、堺、羽曳野、藤井寺3市にまたがる百舌鳥・古市古墳群を世界文化遺産の国内推薦とするかどうかを審議する国の文化審議会が7月にも開催される。3市などは今年の国内推薦獲得、平成31年の世界文化遺産登録を目指している。

続きを読む

このニュースの写真

  • ライバルはきしめん、ひつまぶし!? 堺のご当地料理を探せ、市がPR費補助

「産経WEST」のランキング