産経WEST

名古屋入管でもハンスト 収容長期化に20人抗議

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


名古屋入管でもハンスト 収容長期化に20人抗議

 名古屋入国管理局(名古屋市港区)に収容中の男性らが収容期間の長期化などに抗議してハンガーストライキをしていることが16日、支援者らへの取材で分かった。二十数人が参加しているとみられ、東京入管でも9日から中国やミャンマー国籍などの20人以上がハンストをしている。

 支援者らによると、名古屋入管で食事を拒否しているのはイランやトルコ、ベトナムなどの国籍の男性で、15日に始めた。収容期間が11カ月に及ぶ人もおり、早期の仮放免や待遇の改善、医療態勢の充実などを求めているという。

 収容されてから半年になるというイラン人の男性(31)は16日、共同通信の記者と面会し「何度も要望を伝えてきたが、何も変わらなかった。死ぬまでハンストを続けるつもりだ」と話した。

「産経WEST」のランキング