産経WEST

【依存~断てないギャンブル(2)】「一番箱積んでいる」スロットで劣等感埋める 医師警告「刑務所行くか自殺する」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【依存~断てないギャンブル(2)】
「一番箱積んでいる」スロットで劣等感埋める 医師警告「刑務所行くか自殺する」

ギャンブル依存症を克服した依存症回復のワンネスグループ共同代表の三宅隆之さん=平成29年4月28日(前川純一郎撮影) ギャンブル依存症を克服した依存症回復のワンネスグループ共同代表の三宅隆之さん=平成29年4月28日(前川純一郎撮影)

 周囲から手を差し伸べられ、ギャンブル依存症と真剣に向き合うチャンスはあった。当時、上司から「変だよ」と言われてメンタルクリニックを両親と受診したとき、医師からこう言われた。

 「何で(親が借金を)肩代わりするんですか。この人はギャンブル依存症です。このままだと刑務所に行くか自殺するかですよ」

それでも、すがるものはギャンブル

 一度得た快楽を手放したくないという思いと、ギャンブルにすがらないと一人で生きていけない苦しさ。医師の言葉は、ギャンブル依存症が当事者一人の力だけでは克服できないことを示唆していた。ただ、三宅はこのとき、ドキッとしたが、医師の言葉を実感することはできなかった。(敬称略)

次のニュース

依存のニュース

このニュースの写真

  • 【依存~断てないギャンブル(1)】会社の金券横領、借金漬け…警察聴取後もパチンコ店へ 一線を越えた「やめられない」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング