産経WEST

電車今どこなん?“イラチ”の大阪人にも人気 広がる鉄道会社の走行位置情報サービス

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


電車今どこなん?“イラチ”の大阪人にも人気 広がる鉄道会社の走行位置情報サービス

JR西日本のホームページで電車の位置や運行状況などをチェックすることができる=13日午後、大阪市北区(柿平博文撮影) JR西日本のホームページで電車の位置や運行状況などをチェックすることができる=13日午後、大阪市北区(柿平博文撮影)

 インターネットで電車の乗り換え案内や運行情報を提供するサービスがあふれる中、鉄道会社がホームページ(HP)に電車の走行位置をリアルタイム表示するサービスを導入する動きが広がっている。関西では先月、JR西日本が導入。多くの電車の現在位置や遅れなどが一目瞭然で、複雑な乗り換えや遅延時の対応にも役立つと“イラチ”の大阪人らにも人気を集めている。(川瀬充久)

 ■17線区が対象

 JR西が4月28日からHPで始めたのは、電車の走行位置情報提供サービス。東海道線や大阪環状線など京阪神エリアの17線区が対象で、パソコンやスマートフォンで路線を選ぶと、路線図の上にいくつもの電車のアイコンが表示される。

 2分遅れなら「+2」と表示され、クリックすると普通・快速などの種別や行き先など詳しい列車情報も確認できる。路線名と遅延時間を文字だけで伝える従来の通知方法と比べ、路線全体の状況を一目で把握できるのが利点だ。

続きを読む

「産経WEST」のランキング