産経WEST

ニッセンが「脱カタログ」 最盛期と比べ8割超減へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ニッセンが「脱カタログ」 最盛期と比べ8割超減へ

インタビューに答えるニッセンホールディングスの脇田珠樹社長 インタビューに答えるニッセンホールディングスの脇田珠樹社長

 経営再建中のカタログ通販大手ニッセンホールディングス(HD)=京都市=が2018年2月期のカタログ発行数を約3千万冊と、最盛期と比べ8割超減らすことが13日分かった。カタログを柱とする企業体質から脱却し、採算改善を急ぐ。

 1975年に「総合カタログ」を発行して衣料品や日用品の通販を始めた老舗だが、「総合」など既存カタログを全廃、今月末発行の盛夏号から新カタログに一本化する。発行数のピークは決算期変更前の14年12月期の約2億1千万冊だった。今後はインターネット通販へ大きくかじを切る。

顧客の支持失う

 ニッセンHDの再建は、セブン&アイ・ホールディングスが進める構造改革の最重要課題の一つだ。ニッセンHDの脇田珠樹社長は共同通信のインタビューで「過去の成功モデルに固執し顧客の支持を失った」と述べ、ゼロから事業を見直す方針を表明した。19年2月期に連結営業損益を黒字に転換したい考えだ。

続きを読む

「産経WEST」のランキング