産経WEST

【芸能プレミアム】傘寿迎えた若大将は好奇心いっぱい 加山雄三

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【芸能プレミアム】
傘寿迎えた若大将は好奇心いっぱい 加山雄三

 「いま使ってるiPhone(アイフォーン)には2000曲くらい入ってるかな。日々、どんどん増えているね」

 こう豪語したあと「最近よく聴く洋楽? レディー・ガガやファレル・ウィリアムスかな。ファレルの『ハッピー』なんて最高だよね」。

 そして、ラップグループのスチャダラパーや女性アイドルグループ、ももいろクローバーZといった、共演したことのあるアーティストがいかに素晴らしいか楽しげに語り続ける。

 若手ミュージシャンやロック歌手の話ではない。これすべて、4月11日で80歳を迎えた加山雄三のことだ。恰幅(かっぷく)が良く、堂々として、おおらかでにこやか。間違いなく日本で一番若々しい80歳だ。

 代表曲8曲を、ももクロら若手13組が現代風の発想とアレンジで再構築したユニークなリミックスアルバム「加山雄三の新世界」が3月に登場。6月には生誕80周年の記念ライブ「ゴー!ゴー!若大将フェスティバル」が大阪で2日間、催される。

 自身を巡るにぎやかな動きも歓迎している。「とにかく僕は好奇心旺盛なんだ。音楽はクラシックから民謡まで何でも聴くよ。音楽に壁は必要ないと思ってるからね」と明快に言い切る。

 若手と交流するようになったきっかけは約4年前。自身のバンド、ザ・キング・オール・スターズのデビュー作にスチャダラパーが参加したことだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 傘寿迎えた若大将は好奇心いっぱい 加山雄三
  • 傘寿迎えた若大将は好奇心いっぱい 加山雄三

「産経WEST」のランキング