産経WEST

困窮世帯の子を、教育大の学生が学習指導…教員採用試験で加点 大阪市が新システム導入へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


困窮世帯の子を、教育大の学生が学習指導…教員採用試験で加点 大阪市が新システム導入へ

 大阪市と大阪教育大は12日、経済的に困窮している家庭の児童・生徒に、学生が放課後の勉強を指導する仕組みを創設することで合意した。大学側はこうした指導を単位認定し、市側は指導した学生を教員採用試験の選考で優遇する方向で詳細を詰める。関西財界もノートや筆記用具など、学習に必要な備品の無償提供を検討する。

 市が4月に公表した子供の貧困に関する実態調査の詳細な分析結果によると、経済的な困窮度が大きい世帯ほど子供の学習理解度や進学希望の度合いが低く、学習塾など学校の授業以外の勉強時間も少ない傾向にあることが浮き彫りになった。

 吉村洋文市長は12日、市役所で開かれた対策推進本部会議で、子供に勉強を教えた学生に日当を支給したり、市教委の教員採用試験の選考で加点したりする仕組みをつくる方針を表明。実際に子供の指導に当たる学生の派遣に関する協定を大教大と結ぶ方針を確認した。

 市は今後、教育系だけでなく福祉系の学生にも協力を求めるため、他の大学にも同様の協定締結を呼びかける方針だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 困窮世帯の子を、教育大の学生が学習指導…教員採用試験で加点 大阪市が新システム導入へ

「産経WEST」のランキング