産経WEST

【関西の力】第2弾「だし文化と天下の台所」参加者募集 名店の特別料理も堪能

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の力】
第2弾「だし文化と天下の台所」参加者募集 名店の特別料理も堪能

北新地の日本料理「かこみ」店主、栫山一希さん 北新地の日本料理「かこみ」店主、栫山一希さん

 関西が世界に誇る伝統や技術を紹介する夕刊連載「関西の力」を体感する企画第2弾は、「だし」をテーマにしたイベントです。

 江戸時代、なぜ大阪が「天下の台所」と呼ばれることになったのか。大阪ガスエネルギー・文化研究所の池永寛明所長が「だし文化と天下の台所」と題して、昆布の流通をもとに、東西のだし文化の違いも解説します。

 また、大阪・北新地の名店、日本料理「かこみ」の店主、栫山(かこいやま)一希(かづき)さんによる、「だし」を生かした特別料理を用意。「上方伝統」の一品をまじえた「喰いきり料理」で、関西だし文化の奥深さを堪能します。各日40人募集。ウェーブ産経会員限定企画です。

 ■時と場所 6月29日(木)、同30日(金)午前10時~午後2時。ホテルエルセラーン(大阪市北区堂島)

 ■参加費 9800円(ウェーブ産経は入会金、年会費無料)

 ■申し込み はがきかFAXで(ウェーブ会員は電話で受付可)。参加希望日、郵便番号、住所、氏名、電話番号、ウェーブ会員は会員番号を記入(新規入会の場合は「入会希望」と明記)

 はがきは〒556-8660(住所不要)ウェーブ産経大阪「関西の力・だし文化」係 FAXは06・6633・0281へ

 ■問い合わせ (電)06・6633・9087(平日午前10時~午後6時)

このニュースの写真

  • 第2弾「だし文化と天下の台所」参加者募集 名店の特別料理も堪能

「産経WEST」のランキング