産経WEST

【浪速風】「母の日」と「父の日」の格差(5月12日)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【浪速風】
「母の日」と「父の日」の格差(5月12日)

 「昔とは父母のいませし頃を云い」(麻生路郎)。田辺聖子さんは「田辺写真館が見た“昭和”」(文芸春秋)で、この川柳に、幼い頃に両親と遊びに行った奈良公園での写真を添えている。「はるかな昔。永遠の過去。…いい句だ」と。父母ともとうに他界した小欄もジーンとくる。

 ▼今度の日曜は「母の日」である。日本生命のネットアンケートでは、76.2%が母親にプレゼントすると答えた。予算は平均約5500円。ところが、贈られる側が期待するのは千円ほど低い。母への感謝は金額ではないのだ。「母親に母の日を忘れさすこと、これ親孝行の最たるものといえようか」(三島由紀夫)

 ▼ちなみに昨年の調査だが、「父の日」にプレゼントするは5割に達しなかった。国民の祝日に関する法律の第2条には「こどもの日」を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」とある。どうして父は出てこないのか。不公平ではないか。

「産経WEST」のランキング