産経WEST

ニンニク売り上げ1億円へ 文具メーカー・ナカバヤシが兵庫・農業特区で事業

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ニンニク売り上げ1億円へ 文具メーカー・ナカバヤシが兵庫・農業特区で事業

さまざまな料理に用いられるニンニク さまざまな料理に用いられるニンニク

 農業分野の国家戦略特区により兵庫県養父(やぶ)市でニンニクの栽培事業を展開している文具メーカー、ナカバヤシは11日、平成31年度にニンニクの売り上げを約1億円とする方針を明らかにした。作付面積を4ヘクタールから10ヘクタールに増やす。これまで土地や設備の購入などで約1億円を投じており、辻村肇社長は「投資した分だけしっかり利益を出す」としている。

 同社は、同市内にある製本工場の閑散期の対策として、27年秋から耕作放棄地などを利用してニンニクの栽培に取り組んでいる。昨秋に植え付けた分は約40トンの収穫が見込まれ、今月末にも初出荷を迎える。順次約30トンが生活協同組合や青果市場、企業などに販売され、計約2300万円の売り上げを見込んでいる。

 同社は作付面積を29年秋に7ヘクタール、30年秋に10ヘクタールに増やし、収穫量を約100トン、売り上げ目標を約1億円とする方針。辻村社長は「国産野菜を使うというトレンドに乗って、ニンニクの売り上げを順調に伸ばせそうだ」と話した。

「産経WEST」のランキング