産経WEST

窃盗の大阪府警巡査、携帯も複数詐取し譲渡…「多重債務、借金ばらされたくなければ電話送れと脅され」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


窃盗の大阪府警巡査、携帯も複数詐取し譲渡…「多重債務、借金ばらされたくなければ電話送れと脅され」

 勤務中に高齢男性宅から現金を盗んだとして窃盗罪などで起訴された大阪府警貝塚署地域課の巡査、出口卓実被告(25)が、自分名義で契約した複数のスマートフォンを他人に譲渡していたことが11日、分かった。出口被告は調べに「借金について脅されてやった」などと話しており、府警はスマホをだまし取ったとする詐欺容疑で捜査するとともに、特殊詐欺などの犯罪に利用された可能性もあるとみて調べている。

 出口被告は4月、捜査のためと偽り大阪府貝塚市の無職男性(89)宅に侵入し、現金300万円を盗んだとして逮捕、起訴された。1月にも同じ男性宅から別に現金約200万円を盗んだ疑いもあり、「ギャンブルなどで数百万円の借金があり、返済のためにやった」と供述していた。

 府警監察室によると、債務状況を調べる中で、出口被告が昨年1~2月、自身の名義でスマホ5台余りを契約し、うち数台を東京都内の同じ住所に送っていたことが判明した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング