産経WEST

姫路城、文化財侵食の危機…外来植物が増殖、難攻不落の名城脅かす 市が本格伐採に着手

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


姫路城、文化財侵食の危機…外来植物が増殖、難攻不落の名城脅かす 市が本格伐採に着手

 世界文化遺産の姫路城(兵庫県姫路市)で、城域で生息する外来植物のシュロやニワウルシなどが次々と増殖し、根が石垣の隙間に侵食するといった影響が懸念されている。このほか、特定外来生物で南米原産のヌートリアも確認。市は3月からシュロの伐採に取り組むなど本格的な駆除に乗り出しているが、難攻不落といわれた名城への思わぬ“攻撃”に関係者も困惑している。

重文近くの原始林で大量繁殖も「根絶やしは困難」

 市によると、城域ではこれまでに、中国原産とされるシュロやニワウルシ、欧州原産のセイヨウタンポポなどの存在が確認されている。

 特に文化財への影響が懸念されるのは、根が太く伸びるのが早いのが特徴というシュロとニワウルシ。姫路城の北西部に生息しており、国重要文化財に指定される百間廊下の土台部分や、西の丸の石垣の隙間などに入り込んでいるとみられ、放置すると文化財が損傷する恐れもあるという。

 とりわけシュロは、百間廊下などの文化財と内堀との間に広がる「姫山原始林」で大量繁殖。推計で約500本あるとみられる。市は3月上旬に行った駆除で、堀に近いエリアで約80本を伐採。しかし、現場は急斜面で、人が入りにくく一気に進まないのが現状だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 姫路城、文化財侵食の危機…外来植物が増殖、難攻不落の名城脅かす 市が本格伐採に着手
  • 姫路城、文化財侵食の危機…外来植物が増殖、難攻不落の名城脅かす 市が本格伐採に着手

「産経WEST」のランキング