産経WEST

宝塚・雪組新人公演「幕末太陽傳」 天性の華やかさで軽やかに演じる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


宝塚・雪組新人公演「幕末太陽傳」 天性の華やかさで軽やかに演じる

雪組の新人公演「幕末太陽傳」に主演した男役スターの永久輝せあ(右)と相手役の野々花ひまり(左) 雪組の新人公演「幕末太陽傳」に主演した男役スターの永久輝せあ(右)と相手役の野々花ひまり(左)

 宝塚歌劇団雪組公演「幕末太陽傳(でん)」の新人公演が9日、兵庫・宝塚大劇場で行われた。初舞台から入団7年目までの生徒で上演される公演。同7年目で4度目の新人公演主演の永久輝(とわき)せあが、主人公の居残り佐平次を天性の華やかさで軽やかに演じ、経験値を見せつけた。

 「幕末-」は、鬼才・川島雄三監督の代表作である同名の人情喜劇を初ミュージカル化した作品。古典落語を織り込みながら、品川の郭「相模屋」を舞台に、無一文で豪遊して返済のために“居残り”となった佐平次が次々と起こる騒動を解決していく姿を描く。

 カーテンコール。新人公演最上級生の中の長であり、主演の永久輝は「自分発信ではなく、周りに感化されて生き方を変える役柄なので。なかなか、つかめずに苦労しました」と個性的な主人公を演じる難しさをまず口にした。

 苦心していた折、新人公演メンバーそれぞれが、必死に役柄に取り組む姿を見たそう。「弱気になっていちゃダメだと。佐平次のように周りに心を動かされました」と振り返った。

 終演後、永久輝は「舞台稽古とお客さまが入った空間はまったく違う。とても緊張しました」と苦笑い。本公演はトップスター、早霧(さぎり)せいなのサヨナラ公演。芸達者な早霧の役柄を、永久輝が新人公演で演じるのは今回で5回目となる。「一から全部教えていただいた方。その早霧さんの集大成となる役柄を演じさせていただけることが本当にうれしくて。初心に帰って一から早霧さんのお芝居を勉強しました」。

 早霧からは「劇中に起こる事件の1つ1つをしっかりと終わらせることが大切」というアドバイスをもらった。永久輝は「その言葉を胸に、先走らず、落ち着くことを忘れずに舞台に立ちました」と話した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 宝塚・雪組新人公演「幕末太陽傳」 天性の華やかさで軽やかに演じる

「産経WEST」のランキング