産経WEST

【今治連続殺人】「任意捜査」「参考人」理由に口重く…「証拠固めてから聴取すれば」捜査手法に批判の声も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今治連続殺人】
「任意捜査」「参考人」理由に口重く…「証拠固めてから聴取すれば」捜査手法に批判の声も

 愛媛県今治市の高齢親子殺傷事件で、愛媛県警今治署捜査本部が参考人として任意で事情聴取した30代の女性が5日、自殺しているのが見つかった。女性の死亡で事件の真相解明が遠のくのは確実だ。識者や元捜査幹部からは「自殺も十分考えられた」「証拠を固めてから聴取していれば」などと捜査手法に批判の声も上がる。捜査の検証が求められるが、県警は「任意捜査」や「参考人のプライバシー」を理由に詳細な説明を避けた。

 女性の自殺発覚後、県警幹部が報道陣に対し、4日の任意聴取から自殺までの経緯を説明した。聴取は同日午後1時半から同10時半まで及んだが、女性は聴取に素直に応じ、休憩を4回に分けて計約20分間をとったと強調。「本人が嫌と言えば帰ることもできた」と、任意性を担保した中で適切な対応を取ったと主張した。

 ただ、報道陣から「自殺をほのめかすような言動はなかったか」と問われると、幹部は「把握していない」と述べるにとどめた。

 捜査本部は聴取終了後の同11時ごろ、自殺の兆候など体調に配慮するよう注意を促した上で家族の元へ戻したという。女性は以降、自殺して見つかるまで捜査員の監視下になかったが、幹部は「引き渡した後は家族に委ねている。プライベートな空間に警察が介在するのは難しい」と、任意捜査ゆえの苦しい胸中を明かした。

 一方、聴取の内容や自殺と判断した根拠の一つとなった遺書の中身に関しては「捜査にかかわるため、答えられない」「プライバシーの観点から差し控える」などと言及を避け続けた。参考人と事件との関係性についても判然としないままだった。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング