産経WEST

【森友問題】大阪地検特捜部が設計事務所を聴取 補助金不正受給の疑い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【森友問題】
大阪地検特捜部が設計事務所を聴取 補助金不正受給の疑い

衆院予算委員会で、証人喚問に臨む学校法人「森友学園」理事長(当時)の籠池泰典氏=3月23日午後、国会 衆院予算委員会で、証人喚問に臨む学校法人「森友学園」理事長(当時)の籠池泰典氏=3月23日午後、国会

 学校法人「森友学園」(大阪市)が開校を目指していた小学校建設をめぐり、工事代金の異なる3通の契約書を国などに提出した問題で、学園側が国の補助金を不正受給した疑いがあるとして、大阪地検特捜部が工事にかかわった京都市の設計事務所の代表らから任意で事情聴取したことが5日、関係者への取材で分かった。特捜部は、同学園の籠池(かごいけ)泰典前理事長に対する補助金適正化法違反罪の告発状をすでに受理しており、学園側が建築費を水増しした可能性もあるとみて捜査を進めている。

 学園側は平成27年、国土交通省が木造建築を推進するために設けた補助金を申請。限度額6194万円の交付決定を受け、翌年に3通のうち最も金額の高い「23億8464万円」の建築費を記載した契約書を提出、5644万円を受給した。設計事務所は申請手続きの代理人を務めていた。

 一方で学園は同じ小学校の建築費について、防音対策の助成金を申請した空港運営会社には「15億5520万円」、学校認可を申請した大阪府には「7億5600万円」とする契約書を提出していた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング