産経WEST

シー・シェパード韓国支部設立 日本の捕鯨批判も謎多く、活動実態は不明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シー・シェパード韓国支部設立 日本の捕鯨批判も謎多く、活動実態は不明

フェイスブック上の公式サイトに掲載されている「SEA SHEPHERD KOREA」のロゴ フェイスブック上の公式サイトに掲載されている「SEA SHEPHERD KOREA」のロゴ

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の韓国支部がフェイスブック(FB)の公式サイトで日本の漁業やイルカ漁を批判する活動を続けている。サイトは2014年春に開設したとみられるが、連絡先がSS本部や「SSアジア」になっていたり、英語での発信が多いなど、韓国での活動実態や構成メンバーは不明。日本の捕鯨や漁業を標的にしているSSは近年、本拠にしていた欧米やオセアニア地域以外にも活動範囲を広げており、韓国での支部開設もSSの世界戦略の一環とみられる。

 公式サイトのトップページには、クジラが海洋で泳ぐ写真とともに、「SEA SHEPHERD KOREA」と記されたロゴが掲載されている。SS関連の情報を韓国の国民に知らせるために団体の活動をPRしているほか、捕鯨問題を取り上げるメディアの記事や他の団体の告発リポートを盛んに転載している。

 サイトには、日本関連の情報が多く、SSが標的にしている和歌山県太地町のイルカ漁については、現場に派遣されたSS活動家の批判リポートを韓国語に翻訳して掲載。2月には「和歌山県太地町で捕獲された」とするイルカが韓国の水族館に輸送される様子を生中継する動画をアップして、この輸送を阻止するための署名運動を呼びかけた。

 さらに、5月には日本国内の魚市場で撮影したとみられる写真を掲載して、太平洋のクロマグロ漁を行う日本の漁業を批判する他団体のリポートを更新した。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング