産経WEST

【華麗なる宝塚】轟悠、干支が一回りして初演と同じ役-檀れい、湖月わたるの顔が浮かび…月組公演「長崎しぐれ坂」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【華麗なる宝塚】
轟悠、干支が一回りして初演と同じ役-檀れい、湖月わたるの顔が浮かび…月組公演「長崎しぐれ坂」

インタビューに答える轟悠=兵庫県宝塚市(前川純一郎撮影) インタビューに答える轟悠=兵庫県宝塚市(前川純一郎撮影)

 宝塚歌劇団の理事で専科スターの轟悠(とどろき・ゆう)が、月組トップコンビ、珠城(たまき)りょう、愛希(まなき)れいかと共演する月組公演「長崎しぐれ坂」(脚色・演出、植田紳爾氏)「カルーセル輪舞曲(ロンド)」(作・演出、稲葉太地氏)が5月4日~27日、福岡・博多座で上演される。「長崎-」は12年ぶりの再演。初演にも出演した轟は「大変、情熱を注いだ、多くの思い入れがある作品です」と語る。

珠城りょうとは初の本格共演「体格がよく、包み込んでくれる」

 12年ぶりに巡ってきた名作。「まさか、干支がひと周りした今、初演と同じ役を演じるなんて想像もしなかった。宝塚に長くいると、こんなこともあり得るのかと」とほほ笑む。

 「長崎-」は、轟と当時の星組トップコンビ、湖月(こづき)わたる、檀(だん)れいを中心に、2005年に上演された名作。江戸末期の長崎で、伊佐次(轟)、卯之助(珠城)、おしま(愛希)の幼なじみ3人が、異なる境遇となって再会したことから起こる愛憎劇を綴る。

 初演は、檀のサヨナラ公演でもあり、湖月がトップとして“体育会系の星組”を作り上げたとき。「共演者たちは個性的で魅力ある人が多くて。今回の台本を読み込む度に、当時の共演者の顔が浮かびました」と振り返る。檀から再演を喜ぶメールも届いたという。「私は江戸っ子の役なので、初演時、所作に苦労したのを思い出しました」

 今回は“新生・月組”の選抜メンバーとタッグ。実は、トップ、珠城との本格的な共演は初めてだ。「これまでご縁がなくて、初めてゆっくり話したのも、昨年末の『タカラヅカ・スペシャル』。そのとき、りょう君は心優しい人だなと感じました」と語る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 轟悠、干支が一回りして初演と同じ役-檀れい、湖月わたるの顔が浮かび…月組公演「長崎しぐれ坂」
  • 轟悠、干支が一回りして初演と同じ役-檀れい、湖月わたるの顔が浮かび…月組公演「長崎しぐれ坂」
  • 轟悠、干支が一回りして初演と同じ役-檀れい、湖月わたるの顔が浮かび…月組公演「長崎しぐれ坂」
  • 轟悠、干支が一回りして初演と同じ役-檀れい、湖月わたるの顔が浮かび…月組公演「長崎しぐれ坂」

「産経WEST」のランキング