産経WEST

桜島噴火、噴煙4千メートル 昨年7月以来

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


桜島噴火、噴煙4千メートル 昨年7月以来

 2日午前3時20分ごろ、桜島(鹿児島市)の昭和火口で噴火があり、噴煙が火口から高さ4千メートルに達した。鹿児島地方気象台によると、噴煙の高さが4千メートルを超えたのは昨年7月26日以来で、火口から200~300メートルの地点まで噴石が飛んだとみられる。

 桜島は4月28日に約9カ月ぶりに爆発的噴火を記録。噴火警戒レベルは3(入山規制)を維持している。

「産経WEST」のランキング