産経WEST

「部活顧問が水飲ませずランニング」奈良・ハンドボール部熱中症死亡事故で調査委指摘

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「部活顧問が水飲ませずランニング」奈良・ハンドボール部熱中症死亡事故で調査委指摘

 奈良県生駒市立大瀬中で昨年8月、1年の男子生徒がハンドボール部の練習中に熱中症の症状を訴えて死亡した事故で、市教委は24日、外部調査委から提出された「事故調査結果報告書」を公表。報告書は、「適切な給水時間が確保されず、気象条件が把握されていなかった」と指摘し、再発防止策を提言した。

 外部調査委は弁護士や医師計5人で構成し、昨年11月から計12回、関係者への聞き取り調査などを実施してきた。

 報告書では、事故当日、男性顧問が練習前に各生徒の体調確認や気温を把握せず、通常の30分間よりも5~10分長く無給水でランニングさせたと指摘。各生徒への聞き取りで、「給水は禁止されていなかったが飲める雰囲気ではなかった」などの声があがったとし、「生徒が自ら休息を申し出やすい環境が構築されていなかった」などと課題を示した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング