産経WEST

【衝撃事件の核心】道路陥没、高級車ベンツが前輪バーストの災難…高額出費の社長夫人、自治体を怒りの提訴

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
道路陥没、高級車ベンツが前輪バーストの災難…高額出費の社長夫人、自治体を怒りの提訴

ある会社経営者の夫人が運転する高級車メルセデスベンツが道路上の大きな陥没にタイヤを取られ、修理代金や代車費用といった高額な出費を強いられた。道路管理者の自治体側に損害賠償を訴えたが… ある会社経営者の夫人が運転する高級車メルセデスベンツが道路上の大きな陥没にタイヤを取られ、修理代金や代車費用といった高額な出費を強いられた。道路管理者の自治体側に損害賠償を訴えたが…

 社会と同様に、公共インフラもまた〝高齢化〟が進んでいる。道路、橋脚、トンネル…。見回る自治体職員の手数にしても、決して潤沢とはいえない時代。高級車のメルセデスベンツを駆っていた女性はある日、道路上の大きな陥没にタイヤを取られ、修理代金や代車のベンツの費用など高額な出費を強いられた。このため訴訟を起こして国家賠償を求めたが、道路管理者の自治体側は管理瑕疵(かし)については認めたものの、適切に運転していれば事故は回避できたと過失相殺を主張。さらに代車も国産で十分だったと訴え、法廷で双方が激突した。

師走の災難

 裁判の記録などから経過をたどる。

 平成26年の師走、会社経営者の夫を持つその女性は大阪府北部をベンツで走行していた。

 時刻は午後9時50分。川沿いに位置する幅約3.6メートルの一方通行の市道に差し掛かった。現場は街灯もなく、暗くて見通しは悪い。

 女性は時速約20~30キロで走行。前方を走るワンボックス車のタイヤが見える程度の車間距離を空けていたという。

 すると突然、道路右側に大きな穴が出現した。先行車両は何事もなく走行しており、その流れのまま運転していた女性は気づくのが遅れ、穴を避けることができなかった。

 穴のサイズは直径約70センチ、深さ約10センチ。衝撃を感じたが、幸い車はそのまま穴を通過することができた。

 だがその前とは明らかに走行感覚が異なっていた。

 「パンクしたのでは」

 すぐに車を止めてタイヤの状態を確かめたかったが、現場は道幅が狭く、後続車も途切れない。

代車もベンツ…修理代、事故の評価損込みで210万円支払い求める

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング