産経WEST

「教諭らによる対応は安全指導の基本を欠いていた」高校の柔道事故、福岡県に1億2千万円賠償命令

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「教諭らによる対応は安全指導の基本を欠いていた」高校の柔道事故、福岡県に1億2千万円賠償命令

 福岡県の県立高校の武道大会で平成23年、柔道の試合中に頭を打ち、障害が残ったのは高校側の安全配慮義務違反があったからだとして、当時高校1年生だった男性(22)と家族が約2億6千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁は24日、「教諭らによる対応は安全指導の基本を欠いていた」とし、県に約1億2千万円の支払いを命じた。

 判決で平田直人裁判官は、武道大会はクラス対抗形式で生徒間の競争心があおられかねない状況だったと指摘。「生徒らが勝ちにこだわり冷静さを欠く試合をする恐れがあったのに、事前に適切な指導をしなかった」と判断した。その上で、教諭らには事故が発生する可能性を予測できたとし、安全配慮義務違反を認めた。

 判決によると、男性は23年3月、柔道の試合で対戦相手に技を掛けようとしたところ、転倒して畳に頭を打ち付け、手足がまひする重い障害が残った。

 県は「判決内容を検討し、今後の対応を考える。男性には心からお見舞い申し上げ、事故防止のため、今後も安全指導の徹底を図りたい」とのコメントを出した。

「産経WEST」のランキング