産経WEST

バスツアー中に覚醒剤「集中できて逆に安全」 使用容疑で運転手逮捕 大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


バスツアー中に覚醒剤「集中できて逆に安全」 使用容疑で運転手逮捕 大阪府警

 観光バスの運転手がツアー中に覚醒剤を使用したとして、大阪府警泉佐野署は24日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、千葉県いすみ市のバス会社「三和交通」運転手、藤間弘記容疑者(40)=同県佐倉市六崎=を逮捕したと発表した。「覚醒剤の効き目で運転に集中でき、逆に安全運転できた自信がある」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は4月12日夜、滞在中の同府泉佐野市のホテルで覚醒剤を使用したとしている。

 同署によると、藤間容疑者は今月9日、成田空港で外国人観光客ら24人を乗せて東京や京都などをバスで巡り、12日にツアーを終えて泉佐野市のホテルに宿泊。翌13日、新たなツアーの出発時間になっても現れず、ホテル従業員が部屋から呼び出すと、藤間容疑者が千鳥足でバスに乗車した。制止した従業員に腕を振り回して暴れたため、ホテル側が110番した。

 藤間容疑者はツアー中の10、11日に覚醒剤を毎晩2回ずつ、12日も2回使用したという。「東京都内で覚醒剤と注射器を買い、今年2月以降だけで10回以上は覚醒剤を使って運転した。これまで50回以上打った」などとも供述している。

▼【関連ニュース】田代まさし氏「覚醒剤まだ夢に…採血で針が入る瞬間、喜んで唾(つば)が…」

▼【関連ニュース】「なぜ運転しながら…」9歳次男亡くした父、悲痛な叫びがポケモンGO仕様を変更させた

「産経WEST」のランキング