産経WEST

【万博誘致の方程式】「大阪の明るさ、楽しさ発信を」 識者に聞く(上)鈴木庸一・前駐フランス大使

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【万博誘致の方程式】
「大阪の明るさ、楽しさ発信を」 識者に聞く(上)鈴木庸一・前駐フランス大使

鈴木庸一・前駐フランス大使(現関西担当大使) 鈴木庸一・前駐フランス大使(現関西担当大使)

日本は「良好な社会」アピールを

 ――日本は何を発信していくべきか

 「世界はなにかと暗い話が多いので、『大阪の万博は明るくて楽しそうだな』と思ってもらうことが大切だ。移民問題やテロ事件に苦しむフランスのように深刻な社会的矛盾を抱えていないことが、日本の強みといえる。なぜ日本社会は全体として良好に機能しているのかをテーマとして扱えば、海外の人々の疑問や好奇心に応えることになるかもしれない」

■すずき・よういち 昭和25年、兵庫県生まれ。一橋大法卒。50年、外務省入省。54年、フランス国立行政学院卒業。在ジュネーブ国際機関日本代表部公使、世界貿易機関(WTO)紛争処理小委員会委員、外務省経済局長などを歴任。平成25~28年、駐フランス大使。28年6月から関西担当大使。29年3月から国際貿易・経済大使を兼務。28年9月、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章を受ける。

「産経WEST」のランキング