産経WEST

【地方からの挑戦(3)】地方だからこそ選手が育つ そのココロは…松山大学女子駅伝部コーチ・村井啓一さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【地方からの挑戦(3)】
地方だからこそ選手が育つ そのココロは…松山大学女子駅伝部コーチ・村井啓一さん

全日本大学女子駅伝4区で区間新記録を出した高見沢里歩選手=仙台市 全日本大学女子駅伝4区で区間新記録を出した高見沢里歩選手=仙台市

 第34回全日本大学女子駅伝で松山大学が初優勝を果たし、「地方」というキーワードがクローズアップされた。創部当初は、都市圏の強豪校に、地方大学でも勝負できることを証明すると対抗意識を燃やしていたが、学生たちを指導する中で「地方だからこそ」選手が育つのではないかと感じるようになった。

 全日本大学女子駅伝で優勝争いに絡むには、力のある選手の加入が不可欠である。しかし、地方大学にとって選手勧誘は困難を極める。大西崇仁監督は全国を飛び回り、記録上位選手を勧誘するが、ほとんどは実業団や都市圏の大学に進む。

 実際、全国高校総体で入賞経験のある選手が入学したのは、11年間で2人だけ。高校時代の3千メートルのベストタイムの平均を他大学と比較すると、松山大学は7、8番手。地方だから選手が来てくれないと嘆くのではなく、「覚悟」を持って四国松山に来てくれる選手を丁寧に育てるスタンスを徐々に確立した。

 昨年の全日本大学女子駅伝、富士山女子駅伝2大会連続区間賞を獲得した高見沢里歩選手(埼玉坂戸西高出身)は、高校で陸上を辞めるつもりだったが、非凡な才能が大西監督の目に留まり声をかけた。入学後から14キロ身体を絞り3千メートルの記録を実に35秒も更新した。磨けば光る原石との出会いが、チームの原動力になっている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング