産経WEST

マニラ銃撃事件で死亡の男性は愛知の会社社長

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


マニラ銃撃事件で死亡の男性は愛知の会社社長

 フィリピンの首都マニラで日本人やフィリピン人が乗った車が銃撃された事件で、死亡した愛知県稲沢市の水野成規さん(48)は、同市のプラスチック加工会社の社長だったことが21日、親族への取材で分かった。

 水野さんの弟で同社顧問の厚司さん(45)によると、外務省から21日午前3時ごろに水野さんの妻に連絡が入った。厚司さんは「ニュースを見ても受け止められなかった。まだ信じられない」と話した。

 フィリピン警察によると、水野さんは20日午前に中部空港からマニラに向け出発。夕食を取った後、ホテルに移動する途中に襲われた。21日にはマニラ近郊の工場を見学予定だったという。

「産経WEST」のランキング