産経WEST

【経済裏読み】やっぱり韓国はテーマパークの墓場か…レゴランド開発遅れ、名古屋に負けた ユニバーサルスタジオの二の舞?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
やっぱり韓国はテーマパークの墓場か…レゴランド開発遅れ、名古屋に負けた ユニバーサルスタジオの二の舞?

「レゴランド・ジャパン」が開業し、笑顔で入場する人たち=4月1日午前、名古屋市港区 「レゴランド・ジャパン」が開業し、笑顔で入場する人たち=4月1日午前、名古屋市港区

 成功の確率は1%に過ぎない?

 朝鮮日報によれば、江原道は2011年9月、マーリン・エンターテインメンツ・グループや現代建設など7つの機関と投資合意のための覚書を締結した。2012年8月には特殊目的法人「エルエル開発」を設立し、2015年の完工をめどに事業を進めてきた。だが、2014年に埋蔵文化財の発掘調査中に事業予定地から青銅器時代の遺物が一挙に出土したことで、開発が遅れたという経緯もある。

 そうであっても事業が遅々として進んでいないことは事実だ。中央日報によれば、江原道と施行者であるエルエル開発は3月中に施工業者と本契約を締結して工事を始める計画だったという。道は1月、優先交渉対象者の大林コンソーシアムとの交渉に難航し、斗山建設を新しい事業者として選定。だが、施工業者入札を前にして斗山建設と工事費問題などで本契約締結が遅れて着工すら始められていないのだ。

 報道によると、本契約が難航しているのは工事費の精算方式のためらしい。道が提示した工事費の精算方式は「先工事後精算」で、工事費を事業者がまず執行しなければならない。工事が完了すれば、道が開発敷地を売却して工事代金を精算・支給する方式であるため、事業者にとってはリスクが大きいのである。

 こうした着工遅れの懸念は日々高まっており、道議会の質疑で、副議長が「6年近く長引いてきたレゴランド事業の成功確率は1%に過ぎない」と悲観的に指摘したほどだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • やっぱり韓国はテーマパークの墓場か…レゴランド開発遅れ、名古屋に負けた ユニバーサルスタジオの二の舞?
  • やっぱり韓国はテーマパークの墓場か…レゴランド開発遅れ、名古屋に負けた ユニバーサルスタジオの二の舞?

関連トピックス

「産経WEST」のランキング