産経WEST

「もう一度思い出して」亀岡暴走事故の遺族らが現場で広報活動 京都

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「もう一度思い出して」亀岡暴走事故の遺族らが現場で広報活動 京都

ドライバーに交通安全を訴えるポケットティッシュを配る亀岡市職員=21日午前、亀岡市 ドライバーに交通安全を訴えるポケットティッシュを配る亀岡市職員=21日午前、亀岡市

 京都府亀岡市で平成24年4月23日、児童ら10人が死傷した事故から5年となるのを前に、遺族や市職員らが21日朝、事故現場や近くの駅で交通事故防止の啓発活動を行った。

 参加者らはJR馬堀(うまほり)、亀岡駅(同市)で通勤、通学客らに事故の内容などが書かれたチラシの入ったポケットティッシュを配布。この後、事故現場付近に移動し、市職員らが通過する車のドライバーに「交通安全に気をつけてください」と声を掛けたりしていた。

 事故で娘の松村幸姫(ゆきひ)さん=当時(26)=を亡くした中江美則さん(53)は「事故は風化しつつあるが、啓発活動をすることでもう一度思いだしてもらえる」と話していた。

「産経WEST」のランキング