産経WEST

【新名神橋桁落下事故1年】「人生が一変してしまった」利き腕を失った作業員、安全対策に消えぬ疑念

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【新名神橋桁落下事故1年】
「人生が一変してしまった」利き腕を失った作業員、安全対策に消えぬ疑念

新名神高速道路の橋桁落下事故で左腕を失った中林潤也さん=4月18日、大阪市大正区(小松大騎撮影) 新名神高速道路の橋桁落下事故で左腕を失った中林潤也さん=4月18日、大阪市大正区(小松大騎撮影)

 神戸市北区の新名神高速道路建設現場で作業員10人が死傷した橋桁落下事故から、22日で1年となる。現場では今月、新たに造られた橋桁の架設工事が始まったが、事故に巻き込まれた作業員の心身の傷は今も癒えていない。「安全管理は本当に大丈夫なのか。二度と事故を起こしてもらいたくない」。事故で一時昏睡(こんすい)状態に陥り、左腕切断の重傷を負った男性は複雑な胸中を明かした。

地上15メートルから

 大阪市大正区の中林潤也さん(20)は、地上約15メートルの高さにあった橋桁東側を支えるベント設備の撤去作業中、崩落した橋桁とともに地面にたたきつけられた。鋼材に挟まれて首と胸を骨折し、昏睡状態で搬送された。意識が戻ったのは2週間後。利き腕の左腕がなくなっていることを知ったときは混乱し、しばらく現実を受け入れられなかった。

 大阪市内の建設会社に入社したのは平成26年。新名神の建設現場には孫請けの作業員として派遣された。建材や鋼材が次第に形になっていく過程にやりがいを感じ、ゆくゆくは独立して自分の会社を持つのが夢だった。しかし、利き腕を失った今、現場復帰のめどは立たない。負い目を感じ、自宅でふさぎ込む日々。「なぜ自分がこんな目に遭わなければいけないのか。人生が一変してしまった」とやりきれなさが募る。

異変伝えたのに

 事故の1週間ほど前、ベント設備の支柱が地面にめり込んでいるのに気付き、同僚を通じて工事責任者に伝えた。しかし、工事は異変を無視して続けられた。事故後、工事の発注元である西日本高速道路が設けた技術検討委員会の調査では、支柱が地面に不均等に沈んだことが事故原因と指摘された。「あの時点で対策を取っていたら、事故は起きなかったのではないか」との疑念は消えない。

続きを読む

「産経WEST」のランキング