産経WEST

「みどりのさくら」が満開 和歌山・橋本

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「みどりのさくら」が満開 和歌山・橋本

満開状態になった「みどりのさくら」=橋本市 満開状態になった「みどりのさくら」=橋本市

 和歌山県橋本市城山台の城山台中央公園で、“緑のさくら”として親しまれている淡い緑の桜「御衣黄(ぎょいこう)」が満開を迎えている。今週末頃まで楽しめるという。

 紀見地区公民館などによると、この桜は同公園ができた約40年前に植えられたとされ、ソメイヨシノよりも花期は遅い。同館では毎年、満開の時期となる今月中旬に「みどりのさくらまつり」を開催しているが、今年は寒さの影響で、満開は例年よりも約1週間遅れたという。

 同市の主婦、岩脇亜由美さん(33)は「『緑のさくら』って本当にあるんだな、と驚きました。すごくきれい」と話していた。

「産経WEST」のランキング