産経WEST

【エンタメよもやま話】サムスン自爆は“前座”…スマホ“オワコン”次は「人間スマホ化」、あの起業家が投資「記憶もネット保存“MR技術”」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
サムスン自爆は“前座”…スマホ“オワコン”次は「人間スマホ化」、あの起業家が投資「記憶もネット保存“MR技術”」

米国の著名な起業家、イーロン・マスク氏が、ヒトの脳とコンピューターを接続する技術を研究する新会社「ニューラリンク」を設立する考えを明らかにしたニュースを伝える米CNNニュース(電子版3月28日付) 米国の著名な起業家、イーロン・マスク氏が、ヒトの脳とコンピューターを接続する技術を研究する新会社「ニューラリンク」を設立する考えを明らかにしたニュースを伝える米CNNニュース(電子版3月28日付)

 マスク氏といえば、米宇宙開発企業のスペースXや電気自動車(EV)メーカーのテスラの最高経営責任者(CEO)で知られ、常人の20年くらい先の発想でビジネスを展開する人物で知られますが、その彼が、この新会社でヒトの脳とコンピューターを直接つなぐ「ニューラルレース」と呼ばれる技術の本格研究に着手するというのです。

 ヒトの脳に小型の電極を埋め込み、脳とコンピューターとの間で思考(データ)のやりとりを可能にするというこの技術を用いれば、何が起こせるか。もはや説明の必要はないですね。将来は、人間の記憶が、スマホで撮影した観光地での写真や動画のように、コンピューターのサーバーに記憶されたり、自分の意志だけで空中にパソコンのキーボードが浮かび、ヒトはそれを叩いたりするんですかね…。

 この技術についてマスク氏は、まずパーキンソン病といった神経疾患対策といった医療分野で活用したい考えを示していますが、3月28日、自身のツイッターで「この研究に時間を割くのは難しいが、やらないことの実存的リスクは高過ぎる」と述べるなど、意欲を見せました。

 また、マスク氏は3月26日発売の米誌ヴァニティ・フェアで、こうした研究の成果が「あと4、5年で何らかの形になると思う」とも語っています。

体なんて不要!? フェイスブックも極秘裏に開発、米国防省66億円かけ…

このニュースの写真

  • サムスン自爆は“前座”…スマホ“オワコン”次は「人間スマホ化」、あの起業家が投資「記憶もネット保存“MR技術”」
  • サムスン自爆は“前座”…スマホ“オワコン”次は「人間スマホ化」、あの起業家が投資「記憶もネット保存“MR技術”」

関連ニュース

「産経WEST」のランキング