産経WEST

【エンタメよもやま話】サムスン自爆は“前座”…スマホ“オワコン”次は「人間スマホ化」、あの起業家が投資「記憶もネット保存“MR技術”」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
サムスン自爆は“前座”…スマホ“オワコン”次は「人間スマホ化」、あの起業家が投資「記憶もネット保存“MR技術”」

米国の著名な起業家、イーロン・マスク氏が、ヒトの脳とコンピューターを接続する技術を研究する新会社「ニューラリンク」を設立する考えを明らかにしたニュースを伝える米CNNニュース(電子版3月28日付) 米国の著名な起業家、イーロン・マスク氏が、ヒトの脳とコンピューターを接続する技術を研究する新会社「ニューラリンク」を設立する考えを明らかにしたニュースを伝える米CNNニュース(電子版3月28日付)

 さて、今週ご紹介する“エンターテインメント”は、先週に引き続き、IT(情報技術)とスマートフォン(高機能携帯電話)に関する話題でございます。

 先週の本コラムで、韓国・サムスン電子のギャラクシーのシリーズや米アップルのiPhone(アイフォーン)といったスマホのお話をしましたが、日本ではやはり今も、今秋に発売されるとみられるアイフォーンの最新モデル「8」について、IT系のニュースサイトやファンの間では、非接触による充電機能や3D(3次元)技術を用いた顔認証システム、またディスプレーに有機ELを使うのでは…といった噂が飛び交っています。

 だがしかし。欧米では、先読みができる、めざとい人々の間で何と“スマホなんて、せいぜい持ってあと10年。いずれ存在そのものがこの世から消え去ることになる”と言われ始めているのです。

 平たく言えば、機種変更がどうのこうのということではなく、スマホもポケベルやレコード針、カセットテープ、フロッピーディスクのような運命をたどることが、早くも確定したというのです。

 “ほんまかいな”“ネタやろ”と思ったあなた。ほんまなんです&ネタちゃいまんねん。というわけで今週の本コラムでは、既に“オワコン確定”の烙印(らくいん)を押され始めたスマホの運命と、その代わりに登場する新技術についてご説明いたします。

■リニア新幹線より早く実現!? あのイーロン・マスク氏が止めを刺す…リアル「攻殻機動隊」

 読んでいて、昨今の技術革新の早さに驚くとともに、思わず納得してしまいました。米経済・IT系ニュースサイト、ビジネス・インサイダーが4月2日付で報じた記事です。「スマートフォンは結局、死を迎え、物事は真にクレイジーな状況になるだろう」という見出しの通り、スマホがなぜ消えてしまうのかについて、けっこう詳しく&論理的に説明しています。

 どういうことかと言いますと、このビジネス・インサイダーの記事はまず冒頭<ある日、それほど早い時期ではないが、あなたが考えているより早く、スマートフォンはポケベルやファクシミリのように(この世から)消え去るだろう>という衝撃的な書き出しでスタート。

サムスン“Siriパクリ”、本家アップルはSiri+ポケモンGO!?

このニュースの写真

  • サムスン自爆は“前座”…スマホ“オワコン”次は「人間スマホ化」、あの起業家が投資「記憶もネット保存“MR技術”」
  • サムスン自爆は“前座”…スマホ“オワコン”次は「人間スマホ化」、あの起業家が投資「記憶もネット保存“MR技術”」

関連ニュース

「産経WEST」のランキング