産経WEST

【鉄道ファン必見】高度成長期に通勤電車を変えた 元近鉄「ラビットカー」が今も現役で養老鉄道を走る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
高度成長期に通勤電車を変えた 元近鉄「ラビットカー」が今も現役で養老鉄道を走る

【写真クリックで拡大】 養老鉄道を走るラビットカー。高度成長期には近鉄の高速通勤電車として活躍した 【写真クリックで拡大】 養老鉄道を走るラビットカー。高度成長期には近鉄の高速通勤電車として活躍した

 例えば、天井の首振りの扇風機は固定式の回転ファンに変わった。これには運転体験参加者から「昔のままがいい」「変えてほしくなかった」との声もあった。しかし、車両検査にも携わった養老鉄道総務企画課の岩田光弘さん(59)は「気持ちは痛いほど分かるが、長く安全に走らせるためにはやむを得ない」と話す。

 岩田さんらの努力もあって日本が元気だった時代から走ってきたラビットカーは、2度目の東京オリンピックを迎えられそうだ。

このニュースの写真

  • 高度成長期に通勤電車を変えた 元近鉄「ラビットカー」が今も現役で養老鉄道を走る
  • 高度成長期に通勤電車を変えた 元近鉄「ラビットカー」が今も現役で養老鉄道を走る
  • 高度成長期に通勤電車を変えた 元近鉄「ラビットカー」が今も現役で養老鉄道を走る
  • 高度成長期に通勤電車を変えた 元近鉄「ラビットカー」が今も現役で養老鉄道を走る

関連ニュース

「産経WEST」のランキング