産経WEST

【鉄道ファン必見】高度成長期に通勤電車を変えた 元近鉄「ラビットカー」が今も現役で養老鉄道を走る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
高度成長期に通勤電車を変えた 元近鉄「ラビットカー」が今も現役で養老鉄道を走る

【写真クリックで拡大】 養老鉄道を走るラビットカー。高度成長期には近鉄の高速通勤電車として活躍した 【写真クリックで拡大】 養老鉄道を走るラビットカー。高度成長期には近鉄の高速通勤電車として活躍した

 違うところは、車両の最前列にワンマン用の運賃箱があること。停車や発進も近鉄時代とは違ってゆっくりしたペースで、春先の揖斐川の穏やかなせせらぎや新緑の養老山系を車窓から眺めると、ローカル線に生まれ変わったことが実感できる。

日本初の高加減速車

 ラビットカーは昭和32(1957)年に近鉄南大阪線で運転を開始。輸送効率を上げるため、日本で初めて導入された高加速・高減速が可能な車両で、頻繁な乗り降りに対応するため1両片側あたり4つの両開き扉を備えた。38年までに72両を製造し、大阪府内や奈良県内の他の路線も運行。ラビットカーが先駆となり、高加減車両はその後、阪神がジェットカー、京阪がスーパーカーを登場させた。

 しかし通勤電車としての役割を終えると、養老鉄道へ移籍する一部車両を除き、平成3(1991)年までに廃止された。

鉄道遺産としての魅力

 養老鉄道は平成19(2007)年に発足した近鉄子会社で、大垣市や桑名市、養老町(岐阜県)など3市4町の沿線自治体から上限3億円の支援を受ける。

 車両はすべて近鉄で走っていた昭和38(1963)~45(1970)年製の旧車両。うちラビットカーは2両1編成で、ほかにはマルーンレッドの620形やクリーム色に青い帯の「センロク」など昭和を駆け抜けた車両が活躍している。

木枠の改札口、あの首振り扇風機…ラビットカー運転できる!「再び東京五輪で」

このニュースの写真

  • 高度成長期に通勤電車を変えた 元近鉄「ラビットカー」が今も現役で養老鉄道を走る
  • 高度成長期に通勤電車を変えた 元近鉄「ラビットカー」が今も現役で養老鉄道を走る
  • 高度成長期に通勤電車を変えた 元近鉄「ラビットカー」が今も現役で養老鉄道を走る
  • 高度成長期に通勤電車を変えた 元近鉄「ラビットカー」が今も現役で養老鉄道を走る

関連ニュース

「産経WEST」のランキング