産経WEST

ラーメン店「熊五郎」、違法残業疑いで書類送検 「飲食業界の長時間労働は仕方ない」運営会社認める

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ラーメン店「熊五郎」、違法残業疑いで書類送検 「飲食業界の長時間労働は仕方ない」運営会社認める

 天満労働基準監督署(大阪市)は20日、従業員に違法な長時間労働をさせたとして、労働基準法違反容疑で、飲食店運営会社「熊五郎」(同市北区)と専務取締役の男性を書類送検した。

 送検容疑は平成28年4月、大阪市内のラーメン店4店舗で、労使協定を締結せずに従業員4人に最長で週約42時間の残業をさせた疑い。同社は「飲食業界での長時間労働は仕方がない」と認めているという。

 関係者によると、最長で月200時間以上の残業をしていた人もいた。同社は兵庫や京都、滋賀、東京でラーメン店やお好み焼き店などを展開している。

「産経WEST」のランキング