産経WEST

「和食さと」社長、違法残業認め法廷で謝罪 大阪簡裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「和食さと」社長、違法残業認め法廷で謝罪 大阪簡裁

 従業員に違法な長時間労働をさせたとして、労働基準法違反罪に問われたファミリーレストラン「和食さと」の運営会社「サトレストランシステムズ」(大阪市)の初公判が20日、大阪簡裁(井野口摂裁判官)であり、同社の重里政彦社長は違法残業を認め「大変反省している」と謝罪した。

 検察側は罰金50万円を求刑して結審。判決は6月1日に言い渡される。

 大阪労働局が昨年9月、同社を書類送検。大阪区検が同罪で略式起訴したが、簡裁は略式での手続きを不相当と判断、正式な裁判に移行した。

 検察側は「労働基準監督署から約7年間に18回の指導を受けたのに改善せず、適正な労働環境を確保する意識が低い」と指摘。重里社長は「現場の人手不足などで労使協定を守れなかった。営業時間の短縮や内部監査の実施などで改善に取り組んでいく」と述べた。

 起訴状によると、平成27年1~11月、大阪市や大阪府池田市にある系列4店舗と本社で、従業員7人に月40時間を超える時間外労働をさせたとしている。

「産経WEST」のランキング