産経WEST

【野球三昧】虎にはカワさんがついている…誰よりも熱い川藤OB会長、エエ味出てまっせ!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【野球三昧】
虎にはカワさんがついている…誰よりも熱い川藤OB会長、エエ味出てまっせ!

しっかり打たんかい。試合前、挨拶にやってきたヤクルト・山田にハッパを掛ける川藤会長 しっかり打たんかい。試合前、挨拶にやってきたヤクルト・山田にハッパを掛ける川藤会長

 予想以上に阪神がよくやっている。15試合を消化して9勝6敗。なかなか負けない首位広島に2・5ゲーム差の3位は立派な数字だ。

 健闘の要因はいろいろあるが、一人の男に注目したい。それは、試合前の阪神ベンチにドッカと座り、鋭いまなざしで練習をみつめる川藤幸三OB会長である。

 2010年11月、田淵幸一前会長からバトンを引き継ぎ、ことしで実質7年目。練習も見ないで解説する評論家が多い中で、川藤会長だけは阪神だけでなく相手チームの練習も最後まで見る。だから、敵味方ほとんどの選手が挨拶にやってくる。

 「会長、おはようございます」「おおう、おはよう」「元気そうですね」「おおきに!」。一声かけるだけで選手の体調までわかるという。挨拶だけではない。中には監督やコーチには言えないちょっとした悩みを訴える選手もいる。

 4月5日、京セラドーム大阪でのヤクルト戦。試合前の練習中、原口がベンチの川藤会長のところへやってきた。

 「会長、内角球どうやって打つんですか?」と小声で尋ねた。すると-

 「アホ、今のお前はそんな細かいこと気にせんでええ。来たタマを思い切って打ったらええんや。失敗を引きずるのはしゃあない。けどな、引きずり過ぎたらアカン。ええ選手はみんな切り替えが早い。三振しても、それがどうした!ちゅうぐらいの顔しとったらええんや」

 たしかに、現役時代のカワさんは、三振しても堂々と胸張ってベンチに引き揚げていたっけ…。

続きを読む

このニュースの写真

  • 虎にはカワさんがついている…誰よりも熱い川藤OB会長、エエ味出てまっせ!

「産経WEST」のランキング