産経WEST

「盗撮」規制、カメラ向ける行為もあきまへん!…改正条例施行 ようやく大阪でも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「盗撮」規制、カメラ向ける行為もあきまへん!…改正条例施行 ようやく大阪でも

 規制を拡大した条例改正の先駆けとなったのは京都府だ。平成26年4月、学校や職場での盗撮行為の規制を盛り込んだ改正条例が施行された。その後も各地で条例改正が進み、警察庁によると、盗撮目的でのカメラの設置と人に向ける行為や、撮影・録画しようとする行為を規制しているのは、昨年6月時点で16都府県にのぼる。

 府警によると、条例改正の背景には後を絶たない盗撮被害がある。府警が条例違反で摘発した件数は24年は136件だったが、昨年は205件にまで増えた。

 府警府民安全対策課の担当者は「スマートフォンが普及し、カメラの小型化や高性能化も進んでいる。機材も安く簡単に手に入るようになり、被害が増えているのではないか。取り締まりを強化し、抑止につなげたい」と強調している。

このニュースの写真

  • 「盗撮」規制、カメラ向ける行為もあきまへん!…改正条例施行 ようやく大阪でも

「産経WEST」のランキング