産経WEST

【プロ野球】阪神・鳥谷、まさかの失策…連続試合出場記録、節目の試合でのミスに自責

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
阪神・鳥谷、まさかの失策…連続試合出場記録、節目の試合でのミスに自責

9回、中日・京田陽太の打球をファンブルする阪神・鳥谷敬=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一) 9回、中日・京田陽太の打球をファンブルする阪神・鳥谷敬=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)

 阪神は19日の中日戦で逃げ切りに失敗した。八回に1点リードを追い付かれると、九回にサヨナラ負けを喫した。連勝が2で止まり、順位も3位に後退。金本監督は「こういう試合を勝てるようにしないと」と悔しがった。

 まず誤算だったのは3番手マテオだ。3-2の八回に登板し、先頭の代打亀沢に左前打を許す。犠打で二進され、2死後には大島に左前へ運ばれた。2人の左打者に打たれ、監督は「対左はキャンプから言っている。何か覚えてくれないと」と勝利の方程式を担う右腕に注文をつけた。

 九回は鳥谷がまさかの失策。2死二、三塁、京田の当たりをファンブル。連続試合出場記録で単独2位になった節目の一戦でのミスが負けにつながり「しっかり捕って投げていればアウトだったと思う」と自らを責めた。

「産経WEST」のランキング