産経WEST

【衆院区割り審】兵庫は2市で選挙区分割、「人口だけで変更は乱暴」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衆院区割り審】
兵庫は2市で選挙区分割、「人口だけで変更は乱暴」

衆院選挙区の兵庫県の区割り改定案 衆院選挙区の兵庫県の区割り改定案

 政府の衆院選挙区画定審議会(小早川光郎会長)が19日、安倍晋三首相に勧告した区割り改定案。兵庫県では2市がそれぞれ2つの選挙区に分割されることになり、有権者らからは不満や困惑の声が上がった。

 全市域が現7区の西宮市では、北部の一部が神戸市北区などの新2区に移る。西宮市に別に開票所が必要になるため、人件費や開票作業にあたる職員の手配など業務の増加が想定されるという。対象地域に住む同市山口町上山口の主婦(38)は「現2区の候補者なんて知らない。誰に投票すればいいのか」と嘆いた。

 一方、市域が南北に二分される形の現6区の川西市。北部は但馬や丹波地域が中心の現5区に編入されるが、阪神地域の川西市とは文化や歴史が異なるため、同市北部に住むパートの女性(45)は「人口だけで変更するのは乱暴だ」と不満を口にした。

 次期衆院選の候補予定者も影響を懸念する。

 現6区の自民現職、大串正樹氏(51)の事務所関係者は「市議や県議の支援協力が今後どうなるのか心配だ」。現5区の自民現職、谷公一氏(65)は「地方の多様性が生かされるのか。人口だけで機械的に決めるのはどうかと思う」と話した。

「産経WEST」のランキング