産経WEST

男性従業員に取得するまで「育休取って」メール…関電、男性取得率向上狙い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


男性従業員に取得するまで「育休取って」メール…関電、男性取得率向上狙い

 関西電力は19日開いた「働き方」改革の社内委員会で、男性従業員の育児休職(育休)の取得率を高めるシステムの導入を決めたと発表した。育休取得対象者と所属長に、取得するまで毎月1回、メールを送信し続ける。それでも取得に至らない場合、人事担当者が直接、取得を勧める。

 同社は子供が満3歳になる年度末まで、最大7日を有給休暇にできる制度を設けている。メールを送り続けることで「取得率をより高める」(広報)狙いだ。

 同社の女性従業員の育休取得率は100%だが、男性は平成27年度が0・2%、28年度は3・2%にとどまっている。

「産経WEST」のランキング