産経WEST

大阪市営バス、今度は停留所に衝突 ガラス板砕け散り70代男女2人けが

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪市営バス、今度は停留所に衝突 ガラス板砕け散り70代男女2人けが

大阪市営バスが接触したあべの橋停留所。ガラスが割れた部分にロープが張られている=19日午後、大阪市阿倍野区 大阪市営バスが接触したあべの橋停留所。ガラスが割れた部分にロープが張られている=19日午後、大阪市阿倍野区

 19日午後2時40分ごろ、大阪市阿倍野区阿倍野筋の大阪市営バス「あべの橋停留所」で、停留所と道路の間にあるガラス板(約1・2メートル四方)にバスのサイドミラーが接触した。ガラス板は砕け散り、バスを待っていた70代の男女2人が手の甲を切るなどして軽傷を負った。大阪府警阿倍野署が事故原因を調べている。

 バスはこの停留所が始発で乗客はいなかった。

 大阪市営バスは18日にも、別の停留所で女性客が乗車中にドアを閉め、転倒して骨折する事故を起こしており、市交通局は「信頼回復に向け、再発防止に努める」としている。

「産経WEST」のランキング