産経WEST

「ひとりひとりに向き合いたい」滋賀県警初の元女性警部が心理カウンセラーに “こころ”の相談室を開設

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「ひとりひとりに向き合いたい」滋賀県警初の元女性警部が心理カウンセラーに “こころ”の相談室を開設

滋賀県守山市内に相談室を開設した清水美代子さん 滋賀県守山市内に相談室を開設した清水美代子さん

 退職後、心理学を学ぶために兵庫県西宮市の大手前大学に入学。片道2時間かけて通学し、息子よりも若い学生らと授業やゼミを受けながら、認定心理士の資格も取得。今春の卒業時には、718人の卒業生のうち、38人のみが選ばれた優等賞も受賞した。

 大学卒業で、相談室が本格始動。心理カウンセラー、行政書士として地域の困っている人を手助けするかたわら、人権問題などに関する講演活動も行う。また、民生委員や子供の見守り活動も引き受けた。

 男性社会である警察組織にいた経験で、相談業務で特に力を入れたいのは女性の支援という。子育てや家庭の悩み相談などを積極的に引き受ける考えだ。

 「今の女性は仕事に子育て、介護と大変。女性が元気になれるよう応援したい」。第2の人生も地域のために働く覚悟だ。

「産経WEST」のランキング