産経WEST

中部整備局の収賄事件、元副所長に2年6月求刑

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


中部整備局の収賄事件、元副所長に2年6月求刑

 中部地方整備局発注のトンネル工事の入札で便宜を図り商品券を受け取ったとして、加重収賄罪などに問われた同局北勢国道事務所(三重県)の元副所長、深谷亘被告(56)の論告求刑公判が19日、名古屋地裁(山田耕司裁判長)であり、検察側は懲役2年6月、追徴金195万円を求刑した。判決は5月17日。

 検察側は論告で「入札の公平性を侵害した悪質な犯行。積極的に情報を漏らしており、規範意識に問題がある」と主張。弁護側は最終弁論で「賄賂は被告人が要請したものではない。受け取ったことを自白し、反省している」などとして執行猶予付き判決を求めた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング