産経WEST

【井崎脩五郎のおもしろ競馬学】「イケエ」の日だった4月16日

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【井崎脩五郎のおもしろ競馬学】
「イケエ」の日だった4月16日

 そして、同じ4月16日に競馬でも池江の名が躍動した。池江泰寿(いけえ・やすとし)厩舎に所属するアルアインとペルシアンナイトが、皐月賞で上位1、2着を独占したのだ。

 断然の1番人気に支持されていた牝馬のファンディーナが7着に沈んだうえに、勝ったアルアインが単勝2240円の9番人気だったために、2着ペルシアンナイト(4番人気)との馬単は2万720円の万馬券。3着のダンビュライトも人気薄(12番人気)だったので、3連単は100万円を超えてしまった。

 皐月賞で、同一厩舎の所属馬が1、2着を独占したのは、1963年のメイズイ、グレートヨルカ(ともに尾形藤吉厩舎所属)以来、じつに54年ぶりの快挙だった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング