産経WEST

懐かしのセーラー服で学校給食…クジラの竜田揚げ、コッペパン

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


懐かしのセーラー服で学校給食…クジラの竜田揚げ、コッペパン

昭和の学校給食を味わう参加者ら=岡山県真庭市 昭和の学校給食を味わう参加者ら=岡山県真庭市

 国重要文化財の木造校舎「旧遷喬(せんきょう)尋常小学校」(岡山県真庭市鍋屋)で、昭和30~50年代の学校給食を味わう恒例のイベント「なつかしの学校給食」が今年も始まり、参加者らが学生服姿などで当時の味と雰囲気を楽しんだ。4~6月と10、11月の土日、祝日に開催する。

 郷愁感漂う旧尋常小学校の擬洋風校舎を観光資源として活用し、地域活性化につなげようと、校舎を管理する真庭エスパス文化振興財団(旧久世エスパス振興財団)が市と共催で平成19年に始めたイベント。

 23年からは市民を中心にしたグループ「まにワッショイ」がボランティアで運営を担当し、年間約2千人が訪れる人気イベントとして定着している。

 初日の15日は6組18人が参加。コッペパン▽鯨(くじら)の竜田揚げ▽干しぶどう入り野菜サラダ▽ニラ玉スープ▽蒜山牛乳▽ミルメーク-のメニューを堪能した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング