産経WEST

【橋本奈実の芸能なで読み】ジャニーズも宝塚も変わった? 中山優馬と早霧せいな・紅ゆずるに見る最近のスター像

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【橋本奈実の芸能なで読み】
ジャニーズも宝塚も変わった? 中山優馬と早霧せいな・紅ゆずるに見る最近のスター像

インタビューに答える早霧せいな=兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(南雲都撮影) インタビューに答える早霧せいな=兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(南雲都撮影)

 プライベートでは、今までは面倒であまりしなかった掃除をするように。掃除機は毎日、週一度は雑巾がけをする。「掃除をするようになって、髪の毛1本落ちていても許せない。見つけるとイヤなんだけど、いつの間にか落ちていないかと探している。面倒臭い男になったなと思う(笑)」。きれい好きの“あるある”。親近感がわきます。

 現在、23歳。豊かな30代を迎えるため、20代をどう過ごすかと問うと、「芝居への情熱は揺るがない。大好きなので。いい役者になるため、日々勉強です。皆さんにお金を払って見ていただくのだから、それ以上の働きをしないと」。一般教養も深めたいそう。「政治や社会情勢を知っておくべきなので、ネットでニュースを見るようにしています」と頼もしい。

 1人の男としては「いつかは、いいパパになりたい」。遠い未来に向けた、23歳の素直な答えがほほえましい。「好きなことをしているので息抜きなんていらない。先日、初めて人間ドックに行きましたが、思い切り健康でした」とほほ笑んだ。熱くストレートな内面も格好いい人です。

何をしてもタカラジェンヌらしさ失わない早霧せいなと紅ゆずる

 同様に宝塚歌劇団スターも変化。近年、「清く正しく美しく」を保ちつつ、ストレートに思いを口にするスターが、男役、娘役ともに増えたように思います。

 現役でいえば、なかでも7月に退団する雪組トップ、早霧せいなさんと、星組新トップの紅ゆずるさんは頭の回転が早く、語彙が豊富。具体的なエピソードを織り混ぜ、テンポ良く話すので、会話がどんどん広がります。大前提として、かなり真面目で努力家の方々なので、どれだけ“本音トーク”をしようとも、タカラジェンヌらしさは失われません。

続きを読む

このニュースの写真

  • ジャニーズも宝塚も変わった? 中山優馬と早霧せいな・紅ゆずるに見る最近のスター像

関連トピックス

「産経WEST」のランキング