産経WEST

大手ドラッグチェーン6県48店舗で効果期限切れ医薬品販売

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大手ドラッグチェーン6県48店舗で効果期限切れ医薬品販売

 九州を中心に薬局チェーン「ドラッグイレブン」を展開するJR九州ドラッグイレブン(福岡県大野城市)は18日、6県の計48店舗で、12日までの1年間に、製造元が効果を保証する期限を過ぎた2種類の栄養剤を売っていたと発表した。使用期限はなく健康被害も寄せられていないという。購入者の申し出があれば交換や返金に応じる。

 同社によると、熊本市東区の江津店で、大木製薬(東京)が製造する錠剤「正官庄 高麗蓼精丸」を約3年の期限超過で販売。福岡や熊本など6県の47店舗では、3カ月程度過ぎた同社のドリンク剤「正官庄 高麗紅蓼精」を売っていた。それぞれの販売点数は不明。

 2商品の効果保証期限は製造日から5年だが、包装に日付は明記されていない。各店舗は期限切れ商品を廃棄することになっており、製造番号を基に行っていた店員らの在庫管理が不十分だったという。

「産経WEST」のランキング