産経WEST

警察官と名乗って痴漢 容疑の巡査部長停職処分 兵庫県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


警察官と名乗って痴漢 容疑の巡査部長停職処分 兵庫県警

 兵庫県警は17日、電車内で女子高校生の胸を触ったなどとして、3月に強制わいせつ容疑で逮捕した飾磨署刑事2課の男性巡査部長(36)を停職3カ月の懲戒処分とした。巡査部長は同日付で依願退職。生徒との間で示談が成立しており、神戸地検は同日、不起訴処分にした。

 県警によると、巡査部長は3月27日夜、帰宅途中のJR電車内で、生徒の隣に座りわいせつ行為をした。調べに「好意を持ってくれたと思い込んだ」と供述。警察官だと名乗って声を掛けており「自分を良く見せたかった」と話している。

 県警の倉野喜朗監察官室長は「言語道断の行為であり、深くおわびする。再発防止に努める」とコメントした。

「産経WEST」のランキング