産経WEST

【今週の注目記事】韓国の「仁義なき犯罪」 米兵を“捨て駒”に覚醒剤を密輸 国の護りを裏切るカンナム・スタイル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
韓国の「仁義なき犯罪」 米兵を“捨て駒”に覚醒剤を密輸 国の護りを裏切るカンナム・スタイル

米海軍の空母カール・ビンソン。予定を変更して西太平洋、つまり朝鮮半島周辺に展開する予定だ(ロイター) 米海軍の空母カール・ビンソン。予定を変更して西太平洋、つまり朝鮮半島周辺に展開する予定だ(ロイター)

 韓国で「仁義なき犯罪」が明らかになった。米兵をそそのかして利用し、覚醒剤4・1キロ(130億ウォン=約13億円分)を米国から韓国へ密輸入しようとした韓国系犯罪組織が摘発されたのだ。北朝鮮の軍事的脅威から韓国を守るため駐留している“守護神”の米軍兵士さえも犯罪に巻き込み利用する信じがたい行為に、米国はどう対応するのか。(岡田敏彦)

13万6600回

 犯行の詳細は米軍準機関紙スターズ・アンド・ストライプス(電子版)や韓国各紙が3月中旬に一斉に報じた。韓国各紙によると、犯行が行われたのは昨年12月。首都ソウル近くの仁川(インチョン)空港に、在韓米軍兵士向けの軍事郵便物が到着した。

 税関で検査したところ、朝食用のシリアルが10箱詰められており、そのうち3箱から、ビニール袋にたっぷり詰められた覚醒剤(メタンフェタミン)が見つかった。その重量は計4・1キロ、末端価格で13億円分という希に見る量だった。

 地元韓国の水原地検平沢支庁刑事2部長のカン・スサンナ検察官は、スターズ・アンド・ストライプス紙の取材に「これは米軍事郵便を(悪用し)摘発された薬物量では過去最大だ」と話したという。通常の一回投与量は約0・03グラムで、摘発された4・1キロは13万6600回分にものぼる。韓国の犯罪組織の手に渡れば、麻薬汚染が広がるのは間違いない。

在米韓国マフィア…米軍の軍事郵便は検査「緩い」、そして

このニュースの写真

  • 韓国の「仁義なき犯罪」 米兵を“捨て駒”に覚醒剤を密輸 国の護りを裏切るカンナム・スタイル
  • 韓国の「仁義なき犯罪」 米兵を“捨て駒”に覚醒剤を密輸 国の護りを裏切るカンナム・スタイル
  • 韓国の「仁義なき犯罪」 米兵を“捨て駒”に覚醒剤を密輸 国の護りを裏切るカンナム・スタイル
  • 韓国の「仁義なき犯罪」 米兵を“捨て駒”に覚醒剤を密輸 国の護りを裏切るカンナム・スタイル
  • 韓国の「仁義なき犯罪」 米兵を“捨て駒”に覚醒剤を密輸 国の護りを裏切るカンナム・スタイル
  • 韓国の「仁義なき犯罪」 米兵を“捨て駒”に覚醒剤を密輸 国の護りを裏切るカンナム・スタイル

「産経WEST」のランキング