産経WEST

3歳女児、保育施設で遊具に挟まり心肺停止 雲梯に首が掛かっているのを職員が発見 香川・善通寺

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


3歳女児、保育施設で遊具に挟まり心肺停止 雲梯に首が掛かっているのを職員が発見 香川・善通寺

遊んでいた女児が首を挟まれた雲梯=12日午後、香川県善通寺市 遊んでいた女児が首を挟まれた雲梯=12日午後、香川県善通寺市

 12日午前9時半ごろ、香川県善通寺市生野本町の保育施設「カナン子育てプラザ21」で、屋外の雲梯で遊んでいた女児(3)=同県丸亀市=が上部の2本の支柱間で首を挟まれ、心肺停止の状態で病院に搬送された。その後自発呼吸を回復した。

■高さ140cm、宙づり…女児は自発呼吸を回復

 保育施設などによると、雲梯は全体の高さが約140センチあり、首を挟んだ水平方向の支柱までの高さは約100センチだった。当時は屋外で遊ぶ時間帯で、女児は午前9時20分ごろから雲梯で遊び始め、約10分後に職員が気づいて119番した。

 県警丸亀署によると、女児は雲梯の下部にある支柱を足場にしてよじ登り、上部の支柱2本の間で頭部を挟んだ状態で遊んでいるうちに足を踏み外した可能性が高いという。

 県警は現場の実況見分を実施し、当時の安全管理などについて関係者から事情を聴くなどして詳しい原因を調べる。

 善通寺市などによると、施設は市が業務委託し、その後民営化された。園児126人が通園しており、事故当時は57人が屋外で遊んでいた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング